各症状について

坐骨神経痛について

糖尿病が原因からくる坐骨神経痛は治りにくいですが、その他の場合比較的改善しやすい症状の一つです。基本的に背骨はしなることで圧力を分散し体重を支え外圧にも耐えることができます。しかし内臓等の調子により固さに左右差が生じると背骨は固い方に曲がり曲がった部位で脊柱管狭窄を起こします。狭窄を起こすことでそこから出ている神経を圧迫し坐骨神経痛となります。起こりやすい部位は腰椎2番と4番5番です。お尻が痛かったり足が痺れたりしますがそれは原因ではありません。

神経痛が出て3か月以内であればほぼ100%1回の施術で改善されますが、それ以上の場合骨の癒着が起こり軽減はできますが根治は難しくなります。そのような方の場合1ヶ月に1回くらい施術に通っていただくのがベストでしょう。

腰痛・肩こり

これも改善しやすい症例の1つです。肩こりと腰痛はお互い関係していることがほとんどです。例えば「今日おなかの調子が悪く何度もくだしている」とします。だとすればその方は右の腰痛と右の首の乳突筋にコリが出現し右の肩こりを感じます。「左の腎臓に石が溜まっている」その方は左の腰痛と左の首の斜角筋が凝ることで左の肩こりを感じます。その他、肝臓・胆のう・膵臓・胃・十二指腸・前立腺・肺・心臓・膵臓それぞれ凝りやすい部位があり、それぞれの特徴的な症状が出現することでコリとして感じやすくなります。またゴルファー共通の凝る場所もあるので多くのプロゴルファーも当院を利用しています。

なので肩こりがあるから方だけ押しても肩こりは改善できません。当院ではコリの原因をいち早く解決することでコリの根本を改善し出現しにくい状況を作り出して行くことができます。

ぎっくり腰・寝違え

ぎっくり腰でも寝違えでもほとんどの場合原因は寝不足(腎臓と左の首中央付近が固くなりなります)便秘(左の腰椎4・5番と左の首の前部付近が固くなります)下痢(右の腰椎4・5番と右の首全部付近が固くなります)ゴルファー腰痛(左のアキレス腱・左の股関節・左の腰椎4・5番・左の胸椎5・6・7番と左の首中央付近を酷使します)これらのいくつかが重なることでぎっくり腰や寝違えが起こります。背骨は固い方へ曲がる習性がありますので原因となっているコリをほぐすことで背骨の曲がりを治し、あとは過伸展してしまった筋肉が収縮活動できるようになれば(通常で3日から1週間くらい)治ります。

不妊治療

これもちょっと自信のある治療です。病院ではやっと保険が適用されるようになりましたがそれまで1回100万円から150万円かかっていた現状があります。卵子を取り出し体外で受精させ子宮内に戻すのですがハッキリ言って卵子がや精子が元気でなければ何度やっても失敗します。お客様の中にも何百万円も投資し頑張っている方がいましたが、たった1回の鍼治療で卵子の年齢を20歳以上若返ることが出来ました。治療2回目で見事受精に成功し現在お子様もすくすく成長しておられます。何をしたかと言いますとそれは企業秘密です。すみません嘘です。実はその人なりの癖が存在していてその癖を取り除くだけなのです。すると自然治癒力で卵子・精子が活性化し自然に妊娠できるのです。不妊治療など現代人のストレス社会が生んだ現代病にすぎません。そこに何百万円も費やすのはもったいないとしか思えません。

美容鍼

美容鍼の理論は顔の皮膚に沢山の鍼で細かい傷をつけることで傷つけられた細胞が修復しようと沢山のコラーゲンを生成します。するとお肌はつるつるになりお化粧のノリも良くなるという理論です。特にシワ・たるみ、ほうれい線、シミにも効果があります。おおよそ1回の施術で2週間くらい効果が持続いたします。私も若いころ恥ずかしいので隠れて練習で自分の顔に鍼を刺しましたがその日に何も知らない家内が「なにその顔?テカテカして気持ち悪い。なんかギラギラしている。」などと言われたことがあります。

膝関節痛

膝関節痛には前部・側部・後部それぞれ原因が違い予後もそれぞれ変わります。1番治しやすいのは後部(膝の裏)です。これは坐骨神経痛が原因になっていることが多いので坐骨神経痛を治せば痛みは止まります。ほぼ1回の施術で治ります。側部は足を捻るなどが原因なことが多く過緊張した筋肉や靭帯に鍼を刺せば楽になりますが完全回復までに少し時間がかかります。前部の痛みは半月板や膝蓋軟骨やオスグッド等の原因がありますが、程度の差によって回復が大きく異なります。どのような症状だとしても鍼を刺して炎症部分を取り除き原因となっている部位を特定してからの治療になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP